ワンダーコアシリーズのCSR活動です。

ワンダーコアシリーズのCSR活動

ワンダーコアの主なCSR活動についてご紹介します。

2011年 Genki Japan Fundを設立
2011年3月ワンダーコアシリーズを含む「ショップジャパン」ブランドを運営する株式会社オークローンマーケティング(本社:名古屋市東区、代表取締役社長:ハリー・A・ヒル)は、東日本大震災における、被災地の中長期的な復興支援を目的として、認定NPO法人ホープ・インターナショナル開発機構と共に「Genki Japan Fund」を設立しました。

現地に赴き被災地の人々の声を聞き本当に必要な支援は何かを共に考え、被災地の人々が経済的に自立できるよう支援活動を継続してきました。 設立から3年の間、約20の地域で70の緊急支援や経済的自立のための支援を実施しています。

※支援活動詳細はこちらのレポートをご覧ください:東北支援活動報告(3周年レポート)
2014年 ヨイショトーホクを発足
株式会社オークローンマーケティングは、東日本大震災被災地への自立支援を目的としたプロジェクト「ヨイショトーホク」を発足しました。

「ヨイショ」という名前には、力強く起きあがろうとしている東北の皆さんを一緒に応援したい、という思いが込められています。イッショにヨイショ。福島の民芸品「起きあがり小法師」のように力強く立ち上がろうとしている東北の皆さんをショップジャパンは応援し続けます。

「ヨイショトーホク」の取り組みとして、「倒れても起き上がる」姿で日本を元気にしたいという思いで、対象期間中(2014年8月1日〜8月31日)の「ワンダーコア」の売上1%(¥19,900,000)を、Genki Japan Fundに寄付いたしました。寄付金は、現地でPTSDや不登校の子どもたちの心のケアや高齢者の孤立・ひきこもり防止などに取り組む「一般社団法人こころスマイルプロジェクト」の活動サポートなど、東日本大震災被災地の自立支援に役立てられます。
ヨイショトーホク